借りやすい消費者金融 >> ブラックリスト期間終了後に消費者金融に申し込みたい時の注意点

ブラックリスト期間終了後に消費者金融に申し込みたい時の注意点

ブラックリストに登録された原因を、まずは思い出す必要があります。債務整理によってブラックリストに登録された場合、任意整理、個人再生、特定調停では5年、自己破産では10年です。

個人信用情報機関は複数あり、任意整理と個人再生はリストに登録されていない事もありますので、まずは原因を調べる事からはじめてください。

延滞によってブラックリストとなった場合、延滞を解消させた時点で延滞解消となり、延滞解消から1年後にデータが削除されペナルティ解除です。ですので延滞が続くと、データ削除期間が延びていく事になります。

ブラックの状態から早く復帰して消費者金融に申し込む場合、すぐに延滞分を返済してください。この場合の延滞は3ヶ月以上を指します。

ブラックリストからデータが削除されてからについてです。申し込む消費者金融は、新しい申し込み先に限定しましょう。過去に債務整理・延滞した借金ですが、この借金の借り入れ先である消費者金融に申し込むと審査で落とされる恐れがあります。

ブラックの人は、消費者金融側からすると、債務整理で貸したお金を回収できなかった顧客と見なされます。

結果、どうなるかご存知でしょうか。他社よりも審査が厳しくなります。ただし、確実にとは言い切れません。現在の返済能力が向上している事で審査に通る事もあります。

しかし、金融機関、消費者金融は独自に顧客を管理している事が多く、以前の利用履歴がそのまま残されていると、審査では不利です。よって以前利用していない消費者金融に申し込みしてください。

ペナルティ期間を正確に把握すれば、モチベーションの維持にも繋がります。必要であれば、個人信用情報機関から情報の開示も請求できます。上手くタイミングを掴み、その上でキャッシングの審査に臨みましょう。

メニュー

リンク集