借りやすい消費者金融 >> 住宅ローンを利用する際には消費者金融や不要なカードは解約しておきましょう

住宅ローンを利用する際には消費者金融や不要なカードは解約しておきましょう

住宅ローンは、マイホームを購入する人であればほとんどの人が利用するローンです。そして、住宅を購入するわけですから、ローンを組む金額もおのずと多くなります。

つまり、巨額の資金を銀行から借りるためには、それだけ信用度を上げる必要があり、信用度が低いと判断された人については審査で否決されることになります。

住宅ローン審査のポイントはいくつかありますが、年収に対する借入額が適正であること、頭金の有無、勤続年数、勤務先企業などが総合的に判断されることになります。これに加えて重要になるのが、個人の信用情報に記載されている情報です。

これは、クレジットカードを何枚持っていてキャッシング枠がいくらあるのか、銀行からの借り入れはいくらあるのか、消費者金融からの借り入れはいくらあるのか、もしくはこれらの返済に対する延滞などはないかなどの情報が一目でわかるようになっています。個人信用情報に関しては、何がどうなるとまずいのかの判断については銀行によって異なりますが、延滞情報が記載されている場合は審査に通ることは大変厳しいものになります。 次にイメージとしてよくないのが消費者金融の利用です。

消費者金融を現在進行形として利用していることがわかれば、やはり計画的にお金を使うことができない人と判断されてしまう場合が多く、ただ利用しているだけでも審査に通らないことも十分に考えられます。ですから、少しでも住宅ローン審査に通りやすくするためには、消費者金融などをはじめ、解約できるものは解約しておきましょう。

メニュー

リンク集