借りやすい消費者金融 >> 生活保護受給者では消費者金融からお金を借りにくいのが現状です

生活保護受給者では消費者金融からお金を借りにくいのが現状です

生活保護を受けている方も消費者金融からお金を借りたいと思う時があるでしょう。しかし、国民の税金で生計を立てていることを踏まえると、原則として生活保護受給者が消費者金融からお金を借りることは禁止されています。

また、消費者金融だけではなく、銀行や郵便局からも同じで、要するに借金を抱えること自体が認められていません。よって、借りにくいのが現状です。

中には生活保護受給者に融資しますと謳っている消費者金融もありますが、その場合は闇金である確率が高くなるため、違法行為を働いてしまったにも拘らず、法外な利息で返済に追われることになるので利用はするべきではないでしょう。

ただ、あくまでも借りにくい程度ですので、生活保護受給者だからと言って絶対にお金をかりることができないわけではありません。

ただ、順序を踏むようにしましょう。生活保護受給者がお金を借りたい場合、まずは役所の担当者に相談してみることをおすすめします。無断で借りようとすると後々問題になり、保護が打ち切りになることもあるため注意が必要です。

この場合、消費者金融ではなく、公的制度の福祉融資からなら生活保護受給者でもお金を借りることが認められているため、そちらからなら融資も期待できるでしょう。

また、消費者金融からお金を借りるよりも公的融資のほうが金利面で優遇されたりお得な内容になっています。そのため、まずは正直に担当者に相談を持ち掛けることが大切です。

メニュー

リンク集