借りやすい消費者金融 >> 消費者金融ならバイト生活の人にも審査は甘いのか?

消費者金融ならバイト生活の人にも審査は甘いのか?

バイト生活をしていると、お金に困る月もあるでしょう。ちょっと友達と旅行に行ったりすると、翌月の生活はかなり厳しいものになります。こうした突発的に発生する大きな出費を、月々に均等にならしてしまえば、楽な出費となります。そういう理由で、バイト生活の人の間ではカードローンが流行っているのです。

バイト生活の人がカードローンを組む場合は、消費者金融系の審査が甘いと聞きます。消費者金融では、総量規制が敷かれているため、本人の年収の3分の1までしかお金を貸すことはできません。

しかし、これは見方を変えれば、どんなに定収入の人でも、その年収の3分の1までならお金を借りることができるとも言えます。だからこそ、アルバイトでも審査は甘いと言われるのです。

消費者金融における審査は、二段階に分かれます。仮審査と本審査です。これら両方に合格すれば、個人によって金額や金利に差こそあれ、誰でもお金を借りることができます。

しかし、中には、バイトだと審査に通りにくいと言う人もいます。甘いのか、厳しいのか、本当はどちらなのでしょう。

実は、バイトの身分自体が理由で落とされることは、通常はありません。落とされた人は、身分が理由ではなく、信用情報が理由でしょう。クレジットの支払いの滞納が原因であることがほとんどです。さらに厳密にいうと、携帯代の滞納です。携帯を分割で購入する際は、自動的にクレジット契約が結ばれています。よって、携帯代を滞納すると、クレジット未払いの履歴が残ってしまうのです。

学生時代の携帯代未納が理由で、社会人になってから住宅ローンが組めない人も出ています。くれぐれも注意しましょう。

メニュー

リンク集