借りやすい消費者金融 >> 大手消費者金融の審査実態は昔と比べ甘いのか?実態を調査してみた

大手消費者金融の審査実態は昔と比べ甘いのか?実態を調査してみた

消費者金融の審査の実態ですが、大手は総量規制前と比べ、厳しい傾向にあります。総量規制前と比較するとわかりやすいです。

現在は年収の3分の1以上借り入れできません。年収300万の人の場合、100万がリミットです。他社から借り入れを行なっても、トータルの限度額が設定されている事を考えると、厳しい意味がご理解いただけるはずです。

しかし、その分、昔と比べ、返済時の利息の負担が小さくなっています。これはキャッシング利用者にとって大きなメリットで、多少多く借り入れても返済で行き詰まる事がなくなりました。グレーゾーン金利が撤廃された事で、より安心して融資を受けられる環境自体は整っている事になります。

しかし、総量規制前と比較しても、見方によっては甘い審査と見なす事もできます。アルバイト、フリーター、パートの人は収入が不安定です。収入が不安定な人でも一応、審査に通る事ができる事を一般的に考えるとやはり甘いと見なす事もできます。

つまり、総量規制前の消費者金融の審査は、考えていた以上に甘い状態だったのです。それが急に総量規制によって制限されたため、現在は消費者金融の審査が厳しいと感じるようになったと考えられます。

デフレ全盛の時期に担保・保証人なしで、収入が不安定な人が借り入れできた事自体、審査が甘いと見なす事が出来るのではないでしょうか。

ですので、収入のある人にとっては現在、消費者金融の審査実態は甘く、借りやすい状況です。今後、オリンピックまで景気が順調に右肩上がりになると判断すれば、より借りやすい状況が続くと考えられます。

また現在、国による貸金業法の見直しが為され、規制が緩和されるかもしれません。意見は出ています。現在、審査が厳しいとお考えの人は、無理に申し込まず、貸金業法の見直しまで様子を見ても良いかもしれません。

メニュー

リンク集