借りやすい消費者金融 >> 消費者金融を利用する際の与信枠はどのように決まるのか

消費者金融を利用する際の与信枠はどのように決まるのか

消費者金融を利用する際には、誰でもが幾らでもお金を借りることができるわけではありません。借り入れ希望者の年齢や職業、年収など、その人の個人信用情報を基にして、与信枠と言うものが設定されます。これは、別名与信限度額ともいわれるものであり、お金を融資する際の契約上の設定上限額のことを言います。

借り入れ希望者が例え500万円の借り入れを希望したとしても、その人の個人信用情報によっては、希望通りの金額を融資されない場合があるのです。この与信枠は、それぞれの消費者金融会社によって少しずつ差があることもあります。

しかし、同じ個人信用情報を基にして借り入れ希望者の信用度を審査して決めていますので、何十万円と言った大きな差が出ることはありません。そのため、もう少し多く借りられるかもしれないと思って、色々な消費者金融会社を回って次々と申し込みをすることは厳に慎むべきことです。あまりにたくさんの借り入れ希望の申し込みをしてしまうと、お金に大変困っている人だと消費者金融会社が判断してしまい、審査で返済不可能ではないかと思われてしまうからです。

また、借り入れ希望の申し込みの際に、与信枠を決定するために重要な要素をきちんと記入していなかったり、或いは虚偽のことを記入していた場合には、それが故意でなかったとしても借り入れをすることができなくなってしまいます。正直に申告しない人は、信用することができないと判断されて、与信枠が下がってしまうばかりか、場合によっては融資そのものを断られることもあります。

以上、与信枠がどのように決まるかについての解説でした。

メニュー

リンク集